English


グリーンキーパー

2010/10/28

芝の衣替え(脱色・紅葉)

最高気温も20度を超える日も少なくなってきました。
フェアウェー・ラフの日本芝(高麗芝・野芝)の色は、少しづつ緑色から黄色に色褪せ休眠していきます。樹木に例えると、1年中緑色のベント芝は常緑樹、冬脱色する日本芝は落葉樹て感じでしょうか。

course201010-06.jpg落葉樹の紅葉は、日隔差(1日の最高最低気温差)が大きいほうが綺麗に色付くと言われてます。日本芝(高麗芝・野芝)の脱色は、日の長さ・温度(最低温度、日隔差)・紫外線の強さの3つの条件で起こっていきます。(肥料の量で若干変わりますが)

昼の時間が短くなり、朝が寒く昼との温度差が大きくなり、晴れの日が多くなると脱色のスピードは早くなります。どれか1つでも欠けると遅くなったり、色褪せません。天気次第で北の地方より関東地方が早く色褪せることがあります。

course201010-07.jpg植物の自然を感じる嗅覚には驚かされます。(たまに春と秋を勘違いして開花する桜もありますが)ですから自分たちコースマンは、自然をお手本にして色々な作業を行い、コース(芝生)管理してます。自然に逆らっても芝管理は出来ませんから。(ハウス栽培は別ですけど)