English


グリーンキーパー

2010/11/24

マルチング

フェアウェー・ラフが休眠状態に入りました(実際根はまだまだ水と一緒に栄養を吸い上げてますが)。そうなると日本芝は成長しないので、来春まで擦り切れさせないようにあの手この手を考えます(擦り切れると来春新芽を出さず裸地になってしまい、芝の張替えが必要になります)。

そうならないように例えば、ローピングで入口出口を制限・分散したり、ゴムマットで保護したり、エトセトラ。マルチングもその1つです。マルチングは農業でよく使われるのですが、覆い隠すという意味です。
路地栽培で作物の周りをビニールで覆ってあるのを見たことありませんか?
それは雑草防除や地温を上げるとか水分調整を行う等色々目的があります。

嵐山CCでは、カートが出入りするティグランド横やグリーン横に冬期間のみ日本芝保護の為マルチングを行っています。マルチングにはコース内から出てくる松葉を利用して擦り切れ防止しています。

course201011-08.jpgcourse201011-09.jpg

またティグランドの滑りやすい箇所にはゴムマットを施工しておりますので、気をつけて上り下りお願いします。