English


グリーンキーパー

2011/02/10

タイのゴルフ場

1月末から1週間、毎年恒例のタイのゴルフ場へプライベートで勉強に行ってきました。
早いもので、今年で4回目のタイゴルフづくしです。


course201102-30.jpgcourse201102-27.jpg
毎回6ラウンド(6コース)異なるコースでラウンドしていますので、20コース以上ラウンドしたことになります(コースの名前は全部は覚えてませんが...)。


course201102-24.jpgcourse201102-21.jpg
1月のタイは最高気温30度を超えているため、日本でいえば最盛期の芝です(草種は違いますが)。そしてタイのゴルフ場を一言でいえば、メチャメチャ綺麗です。
だから勉強になります。綺麗なコースを見るとそれが見本(目標)となり、真似するようになり、少しでも近づこうとしレベルアップしますから。


course201102-10.jpgcourse201102-12.jpg
この春から試験を始めるハイブリットバーミューダグラスもタイではグリーンに使用されており、綺麗でベントグラスと間違える程です(草種によってですが...)。
ハイブリットバーミューダグラスというのは暖かい所で生育する(暖地型芝)で、温度が高いほど生育は旺盛ですが、最高気温が約20度を下回ると休眠すると言われています。
高麗芝と似ていますが異なる点は、ボールの転がるスピードです。最盛期の時期でも10フィートは転がります(肥培管理・耕種管理によってですが)。


course201102-07.jpgcourse201102-08.jpg
ハイブリットバーミューダグラスの試験を始める理由は、嵐山CCの天候においての生育状況とか、どれだけの肥料でどういう反応をするのかとか、目砂の粒形はどれくらいでいいとか...
色々試験を行い採用・不採用の情報を得るためです。