English


グリーンキーパー

2011/06/28

本当にベント??

BグリーンにCB(クリスタル ブルーリンクス)を播種してから2ヶ月が経過しました。
見た目はすぐにでも使用可能のようでも、まだまだ子供です。

course201106-10.jpg

だけど、暑さにはメチャクチャ強いです。
先日6月21~24日まで夏日で、特に24日は隣町の熊谷39.8℃・鳩山39.4℃という6月の過去最高気温の日がありました。

その暑い21・23日にBグリーンに厚目砂を散布し、スチルマット(不陸を修正する金網)で擦り込みました。厚目砂のため、葉が少し出ている状況でしたが、全くどうもありませんでした(水さえあれば)。

普通昔のベント芝(ペンクロス等)であったら、葉が黄化し落ち込むくらいの目砂・気温なのに...。それも最高気温が継続して高ければ慣れるだろうけど、まだ人間でも暑さに慣れてないこの時期なのに...すごい。

本当にベント芝なの?って思います。

暑さに強い理由が見ていてわかる気がします。
暑い時期(最高気温が30℃を越える)のベント芝であれば、葉色が時間帯で変化します。
朝は濃緑色、日中は淡緑色、夕方はまた濃緑色と(肥料の量でも変化しますが)。
おそらく暑いときは、自己防衛で自ら葉色を薄くし、熱吸収を抑えるためと思います。

course201106-09.jpgcourse201106-11.jpgそれがこのCB(クリスタル ブルーリンクス)ときたら、どうでしょう!
暑い日も葉色が全く変化しませんでした。いくら肥料が効いているとしても...ありえへん。

すごいベント芝に巡り会えました。

PS.予定では、7月下旬から使用予定です(グリーン状況次第で変わります)。