English


グリーンキーパー

2011/12/20

最近のBグリーン

Bグリーンにクリスタルブルーリンクスを播種して7ヶ月あまりが経過しました。
今回見た目とボールの転がりについて述べたいと思います。

グリーンによって、アントシアン(色の違う斑点)が出ています。
これは4月にラウンドアップ(除草剤)で、今までのベントを枯死させて播種しましたが、全部のベントが枯死にいたらず再生したためと見ています。

course201112-04.jpgcourse201112-03.jpg先日京都のゴルフ場に、1面のみクリスタルブルーリンクスを播種しているコースを視察してきました。
そこも嵐山CCと同じようにラウンドアップで枯死させ、播種という工程でした。
やはり同じように、前の草種のアントシアンが出ていました。

次回同じ工程で作業を行うときがあるならば、ラウンドアップを複数回散布で行い枯死させるか、または、表面の砂を剥ぎ取って播種するかと考えます。

また、Bグリーンでプレーされてボールがカップ際で切れると思う方もおられると思います。
肥料を入れて生育重視で管理を行い芝目矯正を後回しにしたため、芝目が出来てしまいました。すみません。

芝目を除去するのは今からの時期は色々困難なので、来春にその作業を始めます。